Filter:

リニアアクチュエータ

WITTENSTEIN cyber motor 製サーボモータの cyberフォース モータシリーズは、一体型ボールねじを使用して製造されています。このシリーズを非常に独自のものにしているのは、アクチュエータハウジングに完全に内蔵されたボールねじです。サーボモータ、ボールねじ、リニアガイド、エンコーダシステムは、密閉型で高度に統合された、すぐに設置可能なユニットを形成します。17 mm ~ 300 mm の複数の異なるサイズを利用できます。これらのリニアアクチュエータは、カスタマイズされたボールねじ、ねじピッチ、ストローク長、および最大 750 kN の力に対する機械接続を使用して設計できます。

電動リニアアクチュエータのメリット

油圧式および空気圧式シリンダと異なり、電動リニアアクチュエータは、用途に関係なく、また、機械を再編成することなく、正確で柔軟な位置制御を可能にします。そのため、頻繁なフォーマット変更が必要な場合に最適です。サーボ技術は、設計により優れた制御性を提供します。これは、自動化環境への容易な統合と共に、ストロークまたは荷重のいずれかに最適化可能な、再現可能なプロセスを容易にします。さらに、ボールねじが内蔵されたモータは、通常の動作において漏れを生じることなく、エネルギー効率がはるかに高くなっています。結局のところ、特に圧縮空気は製造コストが高いだけでなく、その大部分が失われるのです。最後に、サーボ技術は実質的にメンテナンスフリーで静かです。これは、流体動力ソリューションに対する 2 つのさらなるメリットです。